県内企業の技術力向上を支援する「技術の拠りどころ」として,企業ニーズに的確にお応えします

研究テーマ

現年度研究テーマ開始年度期間(年)部署
1樹脂型によるプレス成形技術の確立令和22企画支援部
2プレス製品のリバースエンジニアリングによる金型開発の効率化令和22生産技術部
3現場で使える低価格なAI実装モデルの構築令和22生産技術部
4落とし込み板壁の性能向上技術の開発令和32地域資源部
5火山ガラスを用いた球状粒子の開発令和32シラス研究開発室
6山川漬の発酵・熟成機構の解明令和22食品・化学部
7オゾンナノバブル水を用いた食品工場における洗浄・殺菌法の開発令和32食品・化学部
8転造タップにおけるバリ抑制技術の確立令和22生産技術部
9精密穴検査用アシストツールの開発令和32生産技術部
10県産スギ材を活用したツーバイフォー工法部材の乾燥技術の確立令和13地域資源部
11高温セット法によるスギ心持ち平角材の乾燥技術に関する研究令和22地域資源部
12シラスJIS砂及び火山ガラス微粉末の実用化研究令和13シラス研究開発室
13ミネラルコーティング膜の実用化研究令和13シラス研究開発室
14鍛造金型の予圧状態可視化技術の確立令和13生産技術部
15レーザ表面改質によるステンレスメッシュのぬれ性制御技術の確立令和23生産技術部
16深層学習を用いた画像判定システムの開発令和23生産技術部
17新たな香味を有する芋焼酎製造技術の開発令和23食品・化学部
18麦麹の醸造技術を活かした機能性発酵食品の開発令和33食品・化学部
19レーザ加工型板による新しい陽刻技法を用いた薩摩焼の研究令和13企画支援部
20CNFを利用した繊維加工の実用化研究令和23食品・化学部
21微好気性環境下におけるバイオガスからの脱硫法の開発令和33食品・化学部
22シール性を考慮したヘール加工の研究令和13生産技術部
233次元データを有効利用したものづくりに関する研究令和13生産技術部
24スギ材のめり込み特性を活用した高靱性軸組工法の開発令和12地域資源部
25高齢者用屋外木製ベンチの開発令和12企画支援部
26ファインバブル水を用いた洗浄試験環境の構築令和12食品・化学部
27木質バイオマス燃焼灰及び竹チップの利用に関する研究令和12食品・化学部
28火山ガラスの溶液化による機能性材料の開発令和12シラス研究開発室
29改質層の付与によるCLTの多機能化に関する研究平成302地域資源部
30絹製品へのCNFの利用に関する研究平成302食品・化学部
31鹿児島みその機能性に関する研究平成303食品・化学部
323次元点群データとCTスキャン画像の合成手法に関する研究平成302生産技術部
33IoTを活用した切削加工監視技術の開発平成303生産技術部
34機械学習を用いた画像判別に関する研究平成302生産技術部
35陶磁器の防水保護膜の形成に関する研究平成302生産技術部
36早生樹材を活用した木製品の開発平成292地域資源部
37クエン酸麹菌による機能性多糖類製造技術の開発平成293食品・化学部
38芋焼酎通年製造のための低コスト化技術の開発平成293食品・化学部
39ファインバブル水の洗浄評価に関する研究平成292食品・化学部
40促進酸化処理を活用した活性汚泥法の開発平成293食品・化学部
41火山噴出物を用いたサブミクロン素材の開発平成292シラス研究開発室
42ロボット溶接時の不良発生監視技術の確立平成293生産技術部
43局所円弧の断面形状測定値の信頼性に関する研究平成292生産技術部
44自動車用部品の耐熱性向上技術の開発平成293生産技術部
45県産スギCLTの保存処理による耐久性向上に関する研究平成283地域資源部
46鹿児島の伝統文様を活用した立体表現技術の開発平成283企画支援部
47蔗糖収率向上のための製糖技術の開発平成283食品・化学部
48発酵技術を活用した新食品の開発平成282食品・化学部
49シラスの全量JIS化による産業創生平成283シラス研究開発室
50切削加工における工具摩耗の3次元測定技術に関する研究平成282生産技術部
51生産工程における3次元データの効果的活用法に関する研究平成283生産技術部
52超硬合金の鏡面加工に関する研究平成283生産技術部
53タブレット状素材を用いた板鍛造技術の高度化平成283生産技術部
54EMC試験技術の高度化研究平成282生産技術部
55複数金属部品の変形加工技術に関する研究平成282生産技術部
56CLTを活用した在来軸組工法用高耐力壁の開発平成273地域資源部
57スギ心去り平角材の接合性能に関する研究平成272地域資源部
58レーザー加工機を用いた表面加飾技術の開発平成272企画支援部
59シラスを活用した排水処理技術の研究平成272食品・化学部
60芋焼酎の熟成促進技術に関する研究平成272食品・化学部
61シラスバルーン沈降物を活用したカプセル化技術及び徐放化技術の開発平成272シラス研究開発室
62鋳造加工部品の外観検査に関する研究平成272生産技術部
63溶接技術を利用した特殊金属接合技術の開発平成272生産技術部
64大島紬絣文様による製品化平成262企画支援部
65奄美の古典織物技法による帯地の開発平成262企画支援部
66麹菌体からの有用物質製造技術の開発平成263食品・化学部
67三番蜜を原料とした新規製糖技術の開発平成262食品・化学部
68シラス等を利用した機能性薄膜の開発平成262シラス研究開発室
69金属・セラミックス接合における酸化抑制技術の開発平成263生産技術部
70中空セラミックス押出成形技術の開発平成263生産技術部
71静電気放電発生箇所可視化システムの低コスト化に関する研究平成262生産技術部
72大径材から得られるスギ製材品の最適な乾燥技術の確立平成253地域資源部
73木質チップの簡易含水率管理技術の確立平成252地域資源部
74新しい薩摩焼デザインの開発平成253企画支援部
75介護福祉機器の人間工学的評価技術の研究平成252企画支援部
762段ろくろ開口装置による洋装化織物の研究平成252大島紬部
77シラスを利用した凝集剤及び凝集方法の開発平成252食品・化学部
78本格焼酎における酵母混合仕込の開発平成252食品・化学部
79本醤油及び新規醤油調味料の開発平成253食品・化学部
80動的3次元可視化技術を用いた押出し加工の高度化平成253生産技術部
81CFRPの穴あけ加工技術に関する研究平成253生産技術部
82LEDモジュール特性測定システムの構築平成252生産技術部
83締結部品の温間ヘッディング加工技術の開発平成253生産技術部
84スギ板材を活用した構造用面材の開発平成243地域資源部
85透かし織物の製造技術に関する研究平成242大島紬部
86植物由来桂皮酸類による環境調和型エンプラの製造技術の開発平成242食品・化学部
87有色米を用いた醸造酢製造技術の開発平成242食品・化学部
88製糖副産物からのカリウム分離技術の開発平成242食品・化学部
89小ロット絣染色の高度化に関する研究平成242食品・化学部
90工具温度測定による切削加工監視技術の開発平成242生産技術部
91陶磁器の漏れ検査に関する研究平成242生産技術部
92食品の流通・保存環境を改善する竹炭利用技術の開発平成232地域資源部
93大島紬小柄文様の着姿シミュレーションに関する研究平成232企画支援部
94自動車乗降補助用具の開発研究平成232企画支援部
95大島紬光輝性絣の研究平成233大島紬部
96未来を拓くシラス資源の総合開発平成235シラス研究開発室
97スクリーン版外観検査技術の高度化研究平成232生産技術部
98静電気放電発生箇所可視化技術の研究平成233生産技術部
99高温低湿処理を用いた複合乾燥技術の確立平成223地域資源部
100木造建築部材の耐久性向上技術に関する研究平成222木材工業部
101仏壇の小型精密化に関する研究平成222デザイン・工芸部
102焼酎,黒酢用の好適県産米の選抜平成223食品・化学部
103さつまいも茎葉のポリフェノールを原料とした新規マテリアル製造に関する調査研究平成222食品・化学部
104奄美黒糖焼酎の高品質化に関する研究平成223食品工業部
105食品加工副産物の発酵特性に関する研究平成222食品工業部
106焼酎粕を活用した排水処理技術の開発平成223化学・環境部
107未利用柑橘資源の高度利用技術の開発平成222化学・環境部
108整粒シラスの利活用によるシラス開発研究平成223素材開発部
109塑性加工シミュレーション用モデル材料の高機能化に関する研究平成222素材開発部
110短時間加熱に適した異材接合用ろう材成分の研究平成222素材開発部
111機能性を有する小型軽金属部品の成形に関する研究平成223素材開発部
1123次元CAD/CAM及びCAEを活用した生産工程の高度化に関する研究平成223機械技術部
113ステンレス鋼のドリル加工における最適化技術に関する研究平成223機械技術部
114電子部品のミリフォーカスX線による拡大撮影法の確立平成221機械技術部
115長寿命圧造工具の開発平成223機械技術部
116赤外線カメラを用いた切削加工監視技術の開発平成222機械技術部
117車いす座面の最適形状計測システムの高度化研究平成223生産技術部
118奄美群島の伝統文様の図形化と用途開発に関する研究平成212デザイン・工芸部
119新カテゴリー商品開発に伴う染色加工技術の研究平成213大島紬部
120室内環境を改善する多機能住宅用建材の開発平成212化学・環境部
121スクリーン版外観検査の自動化に関する研究平成212電子部
122静電気放電発生箇所検出システムの実用化に関する研究平成212電子部
123人間工学を利用したユニバーサルデザインの研究平成202デザイン・工芸部
124産地織物の多品種化に関する研究平成203大島紬部
125天然素材活用による絣織物の開発研究平成203大島紬部
126大島紬多用途化テキスタイルデザインの開発研究平成203大島紬部
127本格焼酎における酒母の安定管理に関する研究平成202食品工業部
128サトウキビ酢の品質向上に関する研究平成202食品工業部
129発酵技術活用による菓子素材の開発平成202食品工業部
130加圧熱水を用いたさつまいも茎葉からの有用成分抽出平成202化学・環境部
131廃グリセリンの利用開発平成202化学・環境部
132シラスバルーンの低コスト製造技術の確立平成202素材開発部
133多層接合における界面の耐酸化性に関する研究平成202素材開発部
134微小金属部品の高効率成形加工に関する研究平成202素材開発部
135X線による生産技術部品の内部識別精度の向上平成202機械技術部
136車いす座面の最適形状計測システムの開発平成202電子部
137竹繊維を活用した高強度材料の開発平成193木材工業部
138木質系材料を用いた新工法の構造特性に関する研究平成193木材工業部
139鹿児島県産スギ平角材の最適な生産システムの研究平成191木材工業部
140薩摩焼古典柄原図の図案化と用途開発平成192デザイン・工芸部
141地域資源を活用した新規調味料に関する調査平成193食品工業部
142マグネシウム合金の鍛造シミュレーション技術とモデル手法による検証技術の確立平成193素材開発部
143ステレオ動画解析法による3次元塑性変形可視化技術の開発平成191機械技術部
144CAEを活用した設計の高度化に関する研究平成193機械技術部
145金型用焼入れ鋼の切削加工技術に関する研究平成193機械技術部
146プリント基板外観検査に関する研究平成192電子部
147静電気放電発生箇所検出技術の高度化に関する研究平成192電子部
148木材接合における高信頼度化技術の確立平成183木材工業部
149県産材を用いたウッドカヌーの開発平成182デザイン・工芸部
150黒糖焼酎製造技術の改善平成182食品工業部
151醸造酢における微生物制御法の開発及び有用微生物の収集と保存平成182食品工業部
152藍植物による赤紫染めの実用化に向けた開発平成182化学・環境部
153竹建築ボードの機能性及び付加価値の付与に必要な製造技術の開発平成183化学・環境部ほか
154木質系廃棄物からのエコカーボンボードの開発平成182化学・環境部
155家電系廃プラスチックのマテリアルリサイクル技術の開発平成181化学・環境部
156タケノコ加工残渣を原料とした機能性食品素材の開発平成182化学・環境部
157スパッタ法によるアルミ薄膜の制御技術平成182素材開発部
158局所加熱による接合界面の制御平成182素材開発部
159車いす昇降装置の開発平成182機械技術部
160難削性低熱膨張材料の加工状態監視による加工条件の最適化平成181機械技術部
161福祉用ベッド利用者の情報モニタリングシステムの開発平成182電子部
162乾燥割れを有するスギ心持ち構造材の評価平成172木材工業部
163超音波を用いた外構木材の内部劣化評価手法に関する研究平成172木材工業部
164焼酎を彩る酒器・テーブルウェアの開発平成172デザイン・工芸部
165高品質サツマイモ麹製造技術の開発平成173食品工業部
166微生物を活用した調味液素材の高機能化に関する研究平成172食品工業部
167バイオ集積化チップの性能及び信頼性評価平成172食品工業部
168排水処理における微生物活性助剤の開発平成172化学・環境部
169シックハウス対策用エコカーボンボードの開発平成172化学・環境部
170シラスコンクリートを用いた焼成建材の開発平成172素材開発部
171軽石を用いた機能性複合材料の開発平成173素材開発部
172切削加工における工具摩耗量測定技術の開発平成172機械技術部
173高機能難燃性マグネシウム合金及び溶接部材の疲労強度特性評価平成172機械技術部
174LEDの外観検査の確立平成172電子部
175高精度静電気評価技術の開発平成172電子部
176半導体用新規冷却部材の熱放散性評価平成171電子部ほか
177県産木材を用いた高耐力構造用フレームの開発研究平成162木材工業部
178木質単板積層によるウッドパイプの品質向上に関する研究平成162デザイン・工芸部
179南西諸島の特産工芸品開発支援システムの構築(奄美モデル編)平成162デザイン・工芸部
180淡口醤油用酵母の育種開発及び有用微生物の保存平成162食品工業部
181発泡製品再生利用における低環境負荷型成形技術の研究平成162化学・環境部
182ナノ粒子を利用した新規染色技術の開発平成162化学・環境部
183乾式メタン発酵残さの炭化処理の最適化及び炭化製品の試作平成161化学・環境部
184水熱反応を用いた県産竹資源の高度利用平成162化学・環境部
185異種材料接合での界面制御に関する研究平成162素材開発部
186圧縮加工による複雑形状部品の試作支援技術の確立平成163素材開発部
187在宅介護における入浴介護補助機構の開発平成162機械技術部
188マイクロメタルバルーンの製造方法に関する研究平成162電子部
189光通信送受信装置の電磁ノイズ解析平成162電子部
190樹脂注入によるスギ材の改質平成152木材工業部
191木竹系コネクターを用いた木造住宅の接合方法の開発平成152木材工業部
192汚点や茶染みのない白薩摩焼素地の開発平成152デザイン・工芸部
193サトウキビ酢の安定的な醸造法の確立平成152食品工業部
194山川漬の発酵機構及び品質特性の解明平成152食品工業部
195凝縮水を活用した汚水処理技術の開発平成152化学・環境部
196低コスト型遮熱塗料の研究開発平成152素材開発部
197燃料電池用酸化材料の薄膜化技術平成153素材開発部
198燃料電池用酸化物材料の薄膜化技術平成153素材開発部
199硬脆性材料の超精密加工技術の確立平成153機械技術部
200機械加工における5軸加工条件の最適化平成152機械技術部
201分光画像を用いた異物検出手法の確立平成152電子部
202EMC対策用超微細解析評価システムの開発平成152電子部
203地域産材を用いた木構造の性能評価に関する研究平成142木材工業部
204甘藷を用いた発酵製品の実用化平成143食品工業部
205本格焼酎の安定製造に関する研究平成143食品工業部
206バイオマス資源の有用成分抽出と有効活用に関する研究平成142化学・環境部
207藍の葉による染色方法の研究平成142化学・環境部
208炭のVOC吸着性能に関する研究平成142化学・環境部
209連続式発泡スチロール水平リサイクル技術の研究平成142化学・環境部
210木質建材の化学物質吸着・脱着特性の解明平成143化学・環境部
211シラスコンクリートの実用化に関する調査研究平成143素材開発部
212ステンレス鋼の表面加工及び耐食性に関する研究平成142素材開発部
213黄銅スクラップの脱鉛技術の開発と鉛フリー水道金具の実用化平成141素材開発部
214移乗台における足上げ機構の研究平成142機械技術部
215建築鉄骨の溶接施工管理技術に関する研究平成141機械技術部
216機能性材料を被覆したシラスバルーンに関する研究平成142電子部
217地域木質資源を用いた新規複合材料の開発平成132木材工業部
218円筒曲面の透かし加工技術に関する研究平成132デザイン・工芸部
219炭酸ガスレーザによる曲面加工技術の開発研究平成132デザイン・工芸部
220古薩摩の復元に関する研究平成132デザイン・工芸部
221二日麹味噌の製造条件の確立平成132食品工業部
222ミネラルウォータの品質管理に関する研究平成132食品工業部
223使用済み発泡スチロールの完全循環型再生技術及び処理装置の開発平成131化学・環境部
224USB法による排水処理技術の研究平成132化学・環境部
225生分解性プラスチックの分解促進剤の開発平成132化学・環境部
226センサ薄膜の作製技術とその応用平成132素材開発部
227高速切削加工における切削工具挙動の可視化技術の開発平成133機械技術部
228福祉用移乗機構の調査研究平成131機械技術部
229ネットワークに対応した簡易型生産情報収集システム研究平成132電子部
230半導体部材に適したDLC薄膜作製技術の研究平成132電子部
231薬剤を用いない防蟻方法の開発平成122木材工業部
232県内の樹皮等未利用資源の総合利用に関する研究平成122木材工業部
233製材品の高精度グレーディング技術の開発平成122木材工業部
234絹糸の染色工程の科学的解析平成122化学部
235竹炭の吸着化学反応に関する研究平成122化学部
236モウソウチクから得られる生理活性物質の実証化研究平成122化学部
237植物資源利用のための水熱反応装置の開発平成122化学・環境部
238発泡ポリスチレンの再生処理技術の研究開発平成122素材開発部
239太陽光線制御・エコ塗料の研究開発平成123素材開発部
240金属腐食に影響を及ぼす環境因子の調査研究平成122素材開発部
241溶接部外観検査装置の試作研究平成122機械技術部
242シラスバルーンを用いた広帯域電波吸収体の開発研究平成122電子部
243フォルステライトに関する実用化研究平成112デザイン・工芸部
244機能性素材を用いた陶磁器の製品開発平成112デザイン・工芸部
245現代型仏壇の研究開発平成115デザイン・工芸部
246かつお節・削り節製造工程の品質管理に関する研究平成112食品工業部
247甘藷を用いた発酵食品の開発平成113食品工業部
248本格いも焼酎の新規製造方法に関する研究平成113食品工業部
249多麹味噌の機能性に関する研究平成112食品工業部
250シラスの工業的利用に関する調査研究平成113素材開発部
251農産物不良センシング技術の研究平成112電子部
252機械加工部品不良センシング技術に関する研究平成113電子部
253構造用LVLの開発及び利用化研究平成103木材工業部
254集成材の製造・利用技術の実用化研究平成102木材工業部
255微粒シラスバルーンを用いる高級軽量セラミック製品の製造技術に関する研究平成102デザイン・工芸部ほか
256川辺仏壇の新設計・製造システムに関する研究平成103デザイン・工芸部
257絹糸の染着効率に関する研究平成102化学部
258生物処理の高効率化に関する研究平成103化学部
259地域産業に有用な塗装技術に関するデータの収集平成102素材開発部
260超精密加工技術に関する研究平成105機械技術部
261高速切削加工に関する研究平成103機械技術部
262電子メールを利用したデータベースシステムの研究平成101電子部
263金型製品のバリ及び表面空隙の検査技術の研究平成102電子部
264環境に優しい木材保存技術の研究平成93木材工業部
265屋久島の地域特性を生かした工芸品の開発平成92デザイン・工芸部
266仏壇の新工芸技術に関する研究平成93デザイン・工芸部
267薩摩焼陶土に関する研究平成91デザイン・工芸部
268薩摩焼陶板の品質安定化研究平成93デザイン・工芸部
269さつま揚げ製造工場の汚染微生物対策に関する研究平成92食品工業部
270黒糖焼酎の品質向上に関する研究平成92食品工業部
271微生物の育種開発及び保存平成91食品工業部
272糖質資源からの有用糖類の生産平成93食品工業部
273バイオマス資源の成分総合利用技術の開発平成93化学部ほか
274プラスチック再生利用のための反応押出技術の開発平成93素材開発部
275無機物粉体の最適塑性加工技術の研究平成93素材開発部
276強誘電体インテリジェント材料の研究開発平成93素材開発部
277塑性加工品へのCT適用技術の研究平成92機械技術部
278ガス溶射法によるシラス皮膜の形成技術に関する研究平成93機械技術部
279金属粉末射出成形技術の最適化に関する研究平成93機械技術部
280雨量データの画像処理解析技術の研究平成92電子部
281スイッチング電源のEMC対策技術に関する研究平成93電子部
282竹平製品の品質向上に関する研究平成81木材工業部
283木質系廃棄物のゼロエミッション化に関する研究平成83木材工業部
284CG・CADによる新しい仏壇設計手法の開発に関する研究平成82デザイン・工芸部
285高色素甘しょを利用した糖化及び発酵飲料の開発平成82食品工業部
286微生物により生産される機能性物質の研究平成83食品工業部
287草木染色物の品質向上に関する研究平成82化学部
288窒素・リンの処理技術に関する研究平成82化学部
289コンクリート材料としてのシラス利用研究平成83素材開発部
290セラミックス複合材料の耐久性に関する研究平成83素材開発部
291機能性バルーンの開発研究平成83素材開発部
292ニッケル基合金分析技術の高度化研究平成82素材開発部
293焼酎原料の自動供給システムの実用化研究平成82機械技術部
294広域コンピュータネットワークセキュリティ対策技術の研究平成82電子部
295電子部品外観検査の自動化に関する研究平成82電子部
296中小断面集成材の製造システムの開発平成73木材工業部
297降下軽石類を利用した釉薬の開発研究平成72デザイン・工芸部
298漬物工場の汚染微生物対策に関する研究平成72食品工業部
299ステンレス鋼のガス窒化処理技術の開発研究平成73素材開発部
300非可塑性材料の湿式成形技術に関する研究平成72素材開発部
301高透光性・高硬質薄膜形成技術に関する研究平成73素材開発部
302毘沙門地区粘土を利用した瓦用坏土の研究平成72素材開発部
303シラス溶射皮膜の強化研究平成73機械技術部
304金型材料の高能率切削加工技術の研究平成72機械技術部
305金属粉末射出成形技術の研究平成72機械技術部
306油・空圧制御技術の研究平成73機械技術部
307知的情報処理技術応用の基礎研究平成72電子部
308CTを用いた木材の断層撮影平成61木材工業部ほか
309屋久杉と異樹種との複合化による工芸品の開発平成61木材工業部
310フェノール樹脂を注入したスギ材の木製サッシへの利用平成61木材工業部
311中小断面スギ集成材を利用したエクステリア製品の研究開発平成61木材工業部
312県産スギ材の強度性能に関する研究平成61木材工業部
313デザイン情報のデータベース化に関する研究平成63デザイン・工芸部
314黒糖焼酎の品質向上に関する研究平成62食品工業部
315焼酎酵母の育種開発に関する研究平成61食品工業部
316澱粉の新用途開発研究平成61食品工業部
317EPMAによる微小分析技術の高度化平成61化学部
318泥染染色における摩擦堅ろう度向上の処理方法平成61化学部
319高分子複合材料の開発と特性評価平成61化学部
320さつま鋼玉の製品化に関する研究指導平成61窯業部
321微粒バルーンの陶磁器及びファインセラミックスへの応用研究平成61窯業部
322機能性を付加した粒子による新規製品の開発平成61窯業部
323金属溶射技術の研究平成61機械金属部
324品質工学に関する研究平成61機械金属部
325遠隔地間制御技術の研究平成63電子部
326微粉砕シラス配合塗料材料に関する研究平成51木材工業部
327超臨界法による樹木等からの有用物質の抽出平成53木材工業部
328木材腐朽菌の温度別活性に関する研究平成51木材工業部
329木製エクステリア製品の開発研究平成51木材工業部
330リュウキュウマツの接合に関する研究平成51木材工業部
331スギ一般材の用途開発に関する研究平成52木材工業部
332食品工場の微生物調査及び工程改善平成51食品工業部
333焼酎原料の自動供給システムの開発平成53食品工業部ほか
334新蒸留法による酒質の改善研究平成53食品工業部
335いも酢製造に関する試験平成52食品工業部
336EPMAによる分析技術の高度化研究平成51化学部
337揮発性有機化合物の分析技術平成51化学部
338焼酎粕の処理に関する研究平成53化学部
339代替洗浄技術平成52化学部
340火山環境に暴露した金属材料の腐食平成52化学部
341微粉砕シラスを用いた,水密性高強度コンクリートの開発研究平成52窯業部
342スマート・ストラクチャセラミックスに関する研究平成53窯業部ほか
343珪酸塩鉱物,水酸化物,金属炭酸塩等による微粒バルーンの開発平成51窯業部
344金属の腐食性評価に関する新暴露試験法の開発平成54素材開発部
345アルミノ珪酸塩の高度利用に関する研究平成53窯業部
346シラスの溶射に関する研究平成51機械金属部
347セラミックス射出成形技術の高度化研究平成51機械金属部
348エクステリアウッドの製造技術指導事業平成41木材工業部
349木材住宅の居住性に関する調査研究平成41木材工業部
350家具部材の接合構造に関する研究平成41木材工業部
351新種甘藷を原料とする新しい酒類の開発平成43食品工業部
352酵母の凝集性を支配する遺伝子のクローニンングとその構造解析平成41食品工業部
353サツマイモ麹に関する研究平成41食品工業部
354甘藷焼酎もろみより分離した凝集性酵母に関する研究平成41食品工業部
355シラスバルーンの表面改質平成41化学部ほか
356廃食油からの脂肪酸の抽出及び利用に関する研究平成41化学部
357EPMAによる機能性材料評価技術平成41化学部
358画像処理による微細加工技術の研究平成44電子部ほか
359高耐久性エクステリアウッドの開発平成32木材工業部
360竹平板展開技術の実用化研究平成34木材工業部
361スーパー木材の開発,スギ難燃木材の開発平成32木材工業部
362スギ大断面集成材の接合に関する研究平成31木材工業部
363パッケージデザイン開発研究平成33デザイン開発室
364薩摩錫器の新製品開発平成31デザイン開発室
365紫甘藷を利用した新しい酒類の開発平成31食品工業部
366焼酎酵母の育種開発について平成31食品工業部
367本格焼酎の2,3-ブタンジオールについて平成31食品工業部ほか
368山川漬に関する調査研究平成31食品工業部
369微生物工業の改善研究平成32食品工業部
370EPMA技術習得と分析技術の高度化研究平成31化学部
371洋装化への染色技術の研究平成33化学部
372未利用植物染料の色素を利用した染織への応用平成31化学部
373火山灰吸着成分による金属材料の腐食平成31化学部
374高分子複合材料の開発平成32化学部ほか
375新ゾル・ゲル法による無機材料合成平成31化学部
376さつま鋼玉のデザイン開発研究平成33窯業部
377セラミック加工技術の研究平成32窯業部
378低火度陶石を原料とする新陶土の開発に関する研究平成33窯業部
379微細火山ガラスの製造及び活性化に関する研究平成32窯業部
380プラスチック金型の自動化システム技術の研究平成33機械金属部
381純モリブデンの切削性平成31機械金属部
382コンクリートへの溶射適用技術の研究平成31機械金属部
383マグネシウム合金に関する研究平成31機械金属部
384情報ネットワーク技術の研究平成34電子部
385アーム型ロボット制御技術の研究平成31電子部
386画像処理による木材表面の節の判別技術の研究平成31電子部
387ディジタル回路のノイズ対策技術の研究平成33電子部
388木材抽出成分の新しい用途の開発に関する研究平成23木材工業部
389乾燥技術に関する研究指導平成25木材工業部
390CGによるデザイン開発平成24デザイン開発室
391紫甘藷の利用技術に関する研究平成21食品工業部
392新技術導入による微生物工業の改善に関する研究平成21食品工業部
393高濃度有機質廃液の処理に関する研究平成23化学部
394先端的機能部品等の評価技術に関する研究平成21化学部
395セラミックの粉末成形及び超音波加工技術の研究平成21窯業部
396アルミナ系セラミックによる高級工芸品の開発研究平成21窯業部
397溶射による高機能皮膜の作成とその物性に関する研究平成21機械金属部
398モウソウチク材の展開による平板製造技術の開発平成12木材工業部
399防虫処理した竹材の集成化と強度性能平成11木材工業部
400シラス等との融合による木質系難燃材料の開発研究平成12木材工業部
401奄美群島林業振興調査広葉樹利用開発(建材及び家具部材の開発)平成13木材工業部
402産業廃棄物の有効利用に関する調査研究平成11企画情報室ほか
403奄美群島林業振興調査広葉樹利用開発(特産工芸品の開発)平成13デザイン開発室
404リゾプス属菌を利用した焼酎製造試験平成11食品工業部
405福山黒酢の品質について平成11食品工業部
406エクストルージョン・クッキングによる食品素材の開発(2次加工用味噌の原料)平成11食品工業部
407竹材からの機能性炭素材の研究平成12化学部
408火山噴出物を活用した新素材の開発と実用化研究(微粉砕シラス,高強度コンクリート)平成12窯業部
409ステンレス鋼の窒化処理に関する研究平成16機械金属部
410金属材料微量成分の迅速分析技術に関する研究平成13機械金属部
411金型の自動設計製作技術の研究平成12機械金属部
412材料加工技術の高度化研究平成16機械金属部
413県産材のLVL(単板積層材)による利用昭和631木材工業部
414スギ単板の圧密化によるLVLの材質昭和631木材工業部
415木材の水分管理と品質安定に係る研究昭和632木材工業部
416木質資源の抽出成分利用化に関する研究昭和631木材工業部
417県産材の工芸品への利用化に関する研究昭和631木材工業部
418木竹製品の塗装技術向上に関する研究昭和632木材工業部
419NC加工機による木製品生産技術の研究昭和634木材工業部
420木製品の品質及び性能評価に関する研究昭和633木材工業部
421加工治工具(成型治具)に関する研究昭和631木材工業部
422県産針葉樹材の単板切削試験昭和631木材工業部
423技術情報データベースの構築と有効利用に関する研究昭和632企画情報室ほか
424遠赤外線利用技術に関する調査研究昭和631企画情報室ほか
425軽工業製品における多品種生産方式に関するシステムデザインの研究昭和632デザイン開発室
426県産竹類の工芸的利用に関する研究昭和632デザイン開発室
427写真製版技術を応用した木竹製品等の加飾技術に関する研究昭和631デザイン開発室
428市販米酢の品質について昭和631食品工業部
429食品工業生産・リサイクル高度化システム技術開発昭和632食品工業部ほか
430微生物の細胞融合に関する研究昭和634食品工業部
431火入れおりろ過操作の難易性におよぼす要因について昭和631食品工業部
432用水中のシリカ除去法の研究昭和633化学部
433未利用植物染料を用いた広幅織物の試験研究昭和633化学部
434草木染広幅織物の試作昭和631化学部
435腐食防食技術に関する研究昭和632化学部
436高機能ファインセラミックスの開発研究昭和632窯業部
437薩摩焼の品質向上に関する研究昭和637窯業部
438粘土瓦の品質向上に関する研究昭和637窯業部
439窯業原料の調査と利用研究昭和637窯業部
440銅マトリックス中の微量成分分析に関する研究昭和631機械金属部
441高精度金型治工具技術に関する研究昭和631機械金属部
442先端的新材料の精密加工に関する研究昭和631機械金属部
443精密熱処理技術に関する研究昭和631機械金属部
444溶射技術に関する研究,溶射適用技術の研究昭和636機械金属部
445破損原因の調査研究昭和631機械金属部
446プリント基板,ASICの設計技術に関する研究昭和633電子部
447マイコン応用の計測・制御技術に関する研究昭和633電子部
448電子機器の耐ノイズ性・信頼性向上に関する研究昭和633電子部

PAGETOP
Copyright © 鹿児島県工業技術センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.